最大限にバイアグラ活かす方法

揚げ物

バイアグラの効果を活かすためにまず注意が必要なのが「食後の場合は吸収率が著しく低下する」という部分です。
薬はよく食後に服用するものというイメージが持たれているためバイアグラについても食後に服用するものだと思い込んでしまっている人が少なくないのですが、実はバイアグラというのは空腹時に服用することが基本となっているのです。
特に脂っこい食事などは胃を油分でコーティングするような形になってしまうため非常に相性が悪く、止むを得ず食事の後に服用する場合であっても脂っこい食事は避けることが必要です。
次にチェックするべきなのは「バイアグラは服用後一時間で効果のピークを迎える」ことです。
ここも案外見落とされることが多いポイントで、体質にもよりますが一般的にバイアグラの効果は服用から一時間が経過する頃に最も強くあらわれます。
そのため性行為を行う時間をある程度決めておいて、そこから逆算して一時間前に服用するという使い方をするのがベストです。
一時間が経過した後ですぐに効果がなくなるというわけではないのですが、4時間ほど経過すると薬の効果は半分程度まで落ちてしまいますから注意しましょう。
あとは当然のことですが「医師から指示された分を飲む」ことも大切です。
日本人であればおおよそ25mgか50mgでの服用になりますが、より強い効果を得たいからと言ってそれよりも多く飲んだとしても効果が強くなることはありません。
むしろ副作用の方が強く出て性行為どころではならなくなる可能性が高いですから、医師に指示された量を必ず守って服用することを心がける必要があります。
どのような薬でも正しい使い方をしっかり守ってこそ意味があるものですから、バイアグラも勝手に飲み方を変えたりせず、医師からアドバイスされた通りに使うようにしましょう。