日本とアメリカの国旗

ED治療薬として世界で始めて開発されたバイアグラは、1998年にアメリカで発売され、翌年には日本でも認可されるなど画期的な新薬として脚光を浴びたのが始まりです。
その後、別の成分を開発した新薬が販売され、日本ではバイアグラを含む3つの医薬品が認可を受けています。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つを日本では3大ED治療薬と呼びますが、この中でバイアグラだけが特許切れとなり、日本だけでなく海外でもジェネリック医薬品が販売されることになります。
また、他の2つの新薬も、インドの製薬会社が同じ成分を使用したコピー品を作るなど、ED治療薬の種類は非常に多く、把握できないほどの数が販売されているのが現状です。
同じ成分を使用したコピー品だけでもかなりの数ですが、錠剤だけでなく、ゼリーや発泡剤、チュアブルなど剤形も様々です。
バイアグラと同じ成分であるシルデナフィルに、早漏予防となるダポキセチンを配合したものも開発され、EDと早漏の2つの症状に対応する医薬品まで登場しています。
また、第四世代となるアバナフィルを配合したものも開発されているので、ED治療に使える選択肢は幅広くなっています。
バイアグラを使用して効果が無かったとしても、他の有効成分であるレビトラやシアリスを使用すれば改善できる可能性はありますし、コピー品であれば新薬よりも安い価格で買えるなどの利点があります。
喜んでいるサラリーマンのイラスト同じ有効成分でも、体内への吸収の良さや効果の発現までの時間に違いがあるので、自分に合ったものが選びやすくなっています。
問題として日本で認可されているのは3大ED治療薬と、バイアグラのジェネリック医薬品のカマグラなどで、他の薬を試そうとしたら国内で購入できないので、個人輸入で購入するしか方法がないという点でしょう。
病院ではどの先発医薬品も処方すると薬価が高いですが、ネットですとジェネリックやバイアグラ・レビトラ・シアリスを通販で買うと多少は安いのでおすすめです。
ネット通販ではED治療薬の種類が豊富にあるので、ご自身に合ったものを選ばれるとよろしいです。